信州児童文学会の作家たちの新著

 里山少年たんけん隊

作   宮下 和男  
絵   小林 洋子  
発行者 ほおずき書籍 
発行日 2017年7月

当会会長和田登氏による推薦文は以下。
これは信州版「二十四の瞳」である。
広い海原が見えるあの分教場とは正反対の閉ざされた山と空しか見えない分教場。
そこに生きる野生の子ども立ちは、数々の好奇な人物や事件に遭遇しつつ、おとな世界の入り口に近づいていく。
著者の少年時代が息づく渾身の快心作!


まっしょうめん!

作   あさだ りん 
絵   新井 陽次郎 
発行者 偕成社    
発行日 2016年11月

海外赴任中の父に頼まれ、軽い気持ちで剣道を始めた『成美』の心と体が変化してゆく様子が、
自然な流れで書かれている。
父や母、剣道の先生や友だちなど、主人公を取り巻く人物が皆魅力的で、
決して引き立て役になっていないのも特徴。
剣道を知らなくても、剣道には興味を持ったことがなくても、真正面から向かってゆく姿勢に共感し勇気を得る。
年齢を問わずお薦め。


あづみ野 生坂の民話

編集  あづみ野児童文学会
絵   和田 春奈
発行者 あづみ野児童文学会
発行日 2016年7月

あづみ野児童文学会の手による、12冊目の安曇野関連の民話集。舞台は生坂村。
全31編。これだけの話をよく集めたものだと感心させられる。
『竜の子太郎』の原型となった泉小太郎の話も載っている。
記録として永遠に残しておきたい一冊。


だいだらぼっち

作   高田 充也  
絵   野中 秀司  
発行者 ほおずき書籍 
発行日 2015年12月

大男伝説はあちこちに伝わっている。
その地方の山や湖を作ったのが、だいだらぼっち(でいだらぼっち)との言い伝えが多い。
大きくて、強くて、力持ちで、やさしい。
この絵本に出てくる「だいだらぼっち」は山を作るのが得意だが、山同士が高さを争うのを見て、
「これからは花が咲いて、動物たちが遊べる低い山さ作るだ」と決意する。
誰もが等しく平和で暮らすとは──そんな所まで踏み込んで考えさせてくれる一冊。


魚屋しめ一物語

作   柳沢 朝子  
絵   大庭 賢哉  
発行者 くもん出版  
発行日 2015年9月

物語は大正の終わりに始まり現代まで続いている。
十二歳で家族と離れ、魚屋に奉公した「しめ一」が、厳しい修行を積んで独立して店を持つ。
順風満帆に思われた商売だが、戦争の影響や、戦後の高度成長に伴う大型店の進出で経営が苦しくなる。
そんな中でも前向きに生きた「しめ一」始め、彼を取り巻く多くの人たち。
めでたしめでたしの成功物語ではない。
人生日々修行を信条として、ひたむきに、前向きに生きた、ある意味普通の男の物語だからこそ
近い存在として「しめ一」を感じることができる。
今を、そしてこれからを生きる全ての人たちに読んでほしい一冊。


石の鐘の物語

作   和田 登   
発行者 かもがわ出版 
発行日 2015年7月

サブタイトルは「いね子」の伝言。
長野県上水内郡信濃町にある「称名寺」には、石の鐘が吊されている。
戦時中、寺の梵鐘は供出されて武器へと変わった。戦後、多くの寺に梵鐘が「戻って」も、称名寺の鐘はそのままだ。
世界から戦争がなくなるまで鐘は取り替えない──石の鐘を今でも守り続ける女性僧侶の話。
映画化された「望郷の鐘」の姉妹編。


甲賀三郎 (信州・読み聞かせ民話絵本シリーズ)

作   滝沢 きわこ 
絵   小林 ふみと 
発行者 郷土出版社  
発行日 2015年5月

信州・読み聞かせ民話絵本シリーズ10。
甲賀三郎伝説は全国に流布していると作者は述べている。
いわゆる「龍伝説」をベースにし、各地に残る資料や取材を元にして、新たに構成した絵本。
伝説には背景があり、そこには願いが込められている。願いは時代と共に変化するから、それに連れてお話の内容も変わる。
ただし、不変となる核を失ってはいけない。
兄たちの妬みから深い穴に落とされてしまった三郎が、妻と共に龍神として諏訪湖に宿るまでの短いお話の中に、
理不尽さや希望、絆と言った現代人にも共感できる言葉が浮かんでくる。


信州暮らしのことわざ

作   和田 登   
発行者 しなのき書房 
発行日 2015年5月

ことわざの意味は「だいたい」知っていても、その背景となるとほとんど知らない。
よく知っていることわざから、信州の一部地域で古くから伝わっていることわざを紹介した一冊。
それぞれのことわざが、風土や生活と深く関わっていることに気づく。そもそも「言葉」とは、それらを抜きにして生まれない。
ことわざの紹介に留まらず、今の時代に当てはめたらどうなのか、その点まで踏み込んで分析しているので親しみがあり説得力がある。
「一里一尺」、「諏訪男に伊那女」など、見ただけで意味が想像できることわざから、「粟の七泣き」や「日暮れの山犬」など、
考え込んでしまうことわざまで約90編、すべてがエッセイの形式で書かれている。


きっとオオカミ、ぜったいオオカミ

作   山崎 玲子  
絵   かわかみ味智子
発行者 国土社    
発行日 2013年9月

第一回とうげの旗児童文学賞受賞作品を改稿。
真砂人は山でオオカミらしい頭の骨を見つける。じいちゃんから、オオカミは山の守り神で、神社にもまつってあると
聞かされたことで確信を深め、それを確かめるために上野の科学博物館へ1人で向かう。途中から小さな同行者が現れて──。
発見、興味、信念、冒険(旅)と言った、児童文学には欠かせない要素がうまく配置されていて、読者は真砂人とともに
物語に中を動き回れる。
読後感の清々しい一冊。


望郷の鐘

作   和田 登  
絵   和田 春奈 
発行者 しなのき書房
発行日 2013年8月

中国残留孤児の父、山本慈昭に関するノンフィクション。
〜の父、〜の母などと呼ぶことで「立派さ」のみが強調されがちだが、そうではなく、「ありのまま」を書いている。
だからこそ勢いに圧倒され、どんどんページが進む。
山本慈昭がなぜ、残留孤児たちの肉親探しに生涯を捧げたか。その背景にある悲しみと戦争の悲惨さ。
中国残留孤児のことを改めて知ることができる一冊。


定本 高橋忠治全詩集

作   高橋 忠治 
発行者 小峰書店  
発行日 2013年5月

『かんじきの歌』、『おふくろとじねんじょ』、『りんろろん』、『だいじなものは』の各詩集と、それ以後に
発表された作品から成る詩集
ふるさとのなつかしさ、人の心のやさしさ、地球へのいとおしさをうたい続けた詩人の集大成とも思える作品集。
おもわず微笑んだり、なるほどと納得したり、うーんと考え込んだり。難しい言葉は使ってないのだけれど、
広くて深い世界が広がっている。


もうひとりの行人さま

作   いぶき 彰吾
絵   北原 志乃 
発行者 郷土出版社 
発行日 2013年6月

信州・読み聞かせ民話絵本シリーズ16。
「もうひとりの」という題名が示すとおり、絵本に出てくる行人さまは本物ではない。
かつて村を疫病から救った行人さまの祭りの日に旅の僧が流れ着き、もてはやされた所から物語は始まる。
高潔でなくてもいい。願いは持ちながらも、弱さを隠すことなく見苦しく生きることが大切なのだと気づかせてくれる。


トップへ戻る